メニューへジャンプ 本文へジャンプ

このページはホームの中の1ゾーン式の中の高温炉のページです。

MAX1500℃の高温炉はAHRF型とARFH型の2種類ございます。
どちらも炉体開閉式で炉芯管などのセットが容易にできる構造になっております。
また、このクラスでは従来品にくらべ消費電力がもっとも少なく環境にやさしい高温炉になっております。工場出荷時には制御調整済みにて出荷しておりますので導入後から目的に合わせた効率の良い温度設定が可能となっております。

特 徴

  • デジタル設定器付きサイリスター定電力位相制御を内臓している為、ヒーターが劣化してもパワーダウン等の影響を受けず、最後まで安定した昇温が出来ます。
  • 高温用セラミツクファイバーの保温性とサイリスター定電力位相制御の組み合わせにより、少ない消費電力で ローコスト&ハイパフォーマンスと地球にやさしい装置です。
  • センサー断線・過熱警報時はOFFランプを点灯して自動復帰しない構造になっております。
  • 停電時において通電が復旧されても自動復帰しない構造になっております。
  • 表示部にはW[電力]V[電圧]A[電流]Ω[抵抗]の表示が可能です。
  • 温度制御器のケースは、19ラックタイプ[寸法 480W]JISサイズ の商品も製作対応もしております。
  • 制御器からの温度測定データーを出力させる通信機能(オプション)付きも製作対応しております。
    ※PCとの接続は通信はRS−232C及びRS-485を採用しております。
  • 測定した温度データーの管理専用ソフト(オプション)も製作対応しております。

仕 様

  • 最高温度:MAX1,500℃。
  • 常用使用範囲:300〜1,400℃。
  • 昇温時間:常温〜1,400℃迄 約60分で昇温※1無負荷状態
  • ヒーター:シリコニット発熱体(炭化ケイ素)
  • 温度調節器:デジタル式PID方式
  • 制御方式 :サイリスター定電力位相制御
  • プログラム:32パターン/32ステップ、1パターンあたり最大32ステップの記憶ができます。
  • ※各パターンをそれぞれ接続することができるパターンリンク機能付。
  • 温度設定単位:0.1℃単位
  • 安全機能:漏電ブレーカー・過熱防止機能・ヒーター断線検知機能・停電時自動復帰禁止機能
  • ※1無負荷状態とは炉内が密閉に近い状態です。また測定データーは保証値ではございません。
  • ※2種類の温度コントローラーをご用意しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

価 格

AHRF/ARFHシリーズ規格表   ※温度制御器とセット販売になっております。
型 式 電気容量 ヒーター露出部 炉口径 炉体外形寸法 定価 御見積価格
AHRF-30KC-32P 1.2kw 75×L260 Ф31 260×L450 1,500,000 お問合せ
AHRF-37KC-32P 1.2kw 85×L260 Ф38 260×L450 1,500,000 お問合せ
AHRF-42KC-32P 1.5kw 95×L260 Ф43 280×L450 1,900,000 お問合せ
AHRF-50KC-32P 1.5kw 95×L260 Φ51 280×L450 1,900,000 お問合せ
ARFH-60KC-32P 4.0kw 120×L300 Ф61 450×L650 2,200,000 お問合せ
ARFH-100KC-32P 4.0kw 180×L200 Ф101 450×L650 2,400,000 お問合せ
※上記製品の200V製品にはコンセントプラグは付属しておりません。
※上記製品の詳しい納期につきましてはお問い合わせ下さい。
※上記製品価格には消費税は含まれておりません。
オプション製品
品  名 補足説明 定価 御見積価格
高温炉用R熱電対 Ф3.2×L150〜200mm ***** お問合せ
炭化ケイ素発熱体 AHRF用 9,500 お問合せ
炭化ケイ素発熱体 ARFH用 6,000 お問合せ
R熱電対 Ф3.2×L140/ビニールリード1m OPEN お問合せ
ヒーター接続線 制御器と炉のヒーター接続線です。 2,000 お問合せ
回転架台(標準用) MC/KCのみ取り付けできます。 85,000〜 お問合せ
固定用治具(標準) 2個セット・炉体を固定する際に使用します。 3,000 お問合せ
固定用治具(ワイド) 2個セット・炉体を固定する際に使用します。 3,500 お問合せ
端子カバー M/MCは1個、K/KCは2個必要。 1,500 お問合せ
※上記製品は短納期生産品も含まれておりますので、詳しい納期につきましてはお問い合わせ下さい。
※上記製品価格には消費税は含まれておりません。

Contact

製品及び御見積もりについてのお問い合せは

製品及び御見積もりについてのお問い合せはメールにて承っております。

このページの先頭へ
ページの終了
本文の開始
ページの終了